2016年05月22日

特にサイクロンカラーの緑

 特徴的な左右非対称のカラーリングと、体にあまり装飾がなく生身の人間にも近いシルエットを「真骨彫製法」にてデザインしている。関係者の話によれば、関節などをできるだけ自然な形でデザインしつつも、可動範囲を広く持たせた構造にするためにかなりの苦労があったという。肩や股関節など、大きく可動する場所にもできるだけ隙間が目立たないように、関節の数を増やすなどして対応している。

 また色にもこだわりを持っていて、特にサイクロンカラーの緑は、光の反射によるコントラストを綺麗に見せることを意識した色遣いで、「S.H.Figuarts」では仕様で黒だっ肘などの関節色も全て緑に統一され、スーツらしさが向上した。


この記事へのトラックバックURL

http://muondingu.fukuokablog.jp/t9741
上の画像に書かれている文字を入力して下さい